anne135のブログ

モテない女子大生の日常。

負けないで、もう少し。

先日、とある資格試験を受けてきた。
早く会場に着いたので、買っておいたけど一度も開いたことのなかったテキストを開いてみる。
もうね、チンプンカンプン。英語の文を見ているはずなのに、内容が全く入ってこない。多分古代エジプトの文字とかの方がまだ読める、って思った。ほら、ああいうのってフィーリングじゃん?多分。
分からなすぎて、絶望感が謎の笑いを生み出す。でもひとしきりニヤニヤし終わると、焦りが訪れた。
ヤバい。

そんな時に、隣の席に着いたのは恐らく私と同じくらいの年齢の男の人。
その人、席に着くなり、「すいません、消しゴム貸してもらえませんか?」って私に話しかけてきた。
普段男性から話しかけられることのない私は、それだけで舞い上がる。筆記用具を貸すだけなのに、もう恋人ゲットしたくらいのテンションだった。心の中で鯛やヒラメと共に私も踊ってる。
「もちろん!どうぞどうぞ!」と筆箱から消しゴムを出す。お礼を言う彼に私なりのアルカイックスマイルを向けてみる。特に反応はなかったが。

そこで私はあることに気がついた。
消しゴムを1つしか持ってきていなかったのだ。それに気づいたハイパーロマンティックな優しい彼(※主観が入っています)は、消しゴムを返そうとしてくる。

でもさ、考えてもみてくださいよ。
私の面目まるつぶれじゃないですか。
だから必死で彼が消しゴムを返すのを阻止した。
「ダメです、ダメです。
私、消しゴム苦手なんで無理です。わー!」
みたいな。
もう支離滅裂な言動。

彼は最初は笑っていたが、ついには私の本気度に苦笑いして、消しゴムを返すことを諦めた。

試験開始が近かったので、栄養ドリンクをぐいっと飲んで集中。(普段飲みなれていない栄養ドリンクを飲んだので直後にお腹が痛くなったのは内緒)

消しゴム無し&顔が青くなるほどの腹痛に耐えながら戦った資格試験。
結果がどうだったかはお察しください。

近いうちに今度は消しゴムを100個くらい持ってリベンジしようと思う。

Anne135135のTwitter