anne135のブログ

モテない女子大生の日常。

ブスはプリクラがお好き

女の子はなぜかプリクラが好きだ。それは多くの人が知っている。しかしブスほどプリクラが好きだという事実はあまり注目されていない気がする。

 
私も例外ではない。
プリクラが好きである。特に意味はないのにプリクラを撮る。けれども残念なのは、ポーズはピースサイン一択であることである。他にバリエーションが思いつかないのだ。正確に言えば、他にもポーズは色々と思い浮かんでいるのに、自分がブスであるという自意識がピース以外のポーズをとることを妨げている。
 
先日、地方の友人が遊びに来る機会があった。彼女と会った瞬間から、私はプリクラのことしか頭にない。どうやってプリクラを撮ろうと言いだそうか、を必死に考えていた。そんなことを考えながら通りを友人と歩いているとき、急にグイと腕を引っ張られた。
「オネエちゃん、ケバブ買ってよ!おまけするからさぁ!」
私を引っ張ったのは、ケバブ屋の男子店員だった。20歳代中盤といったところだろうか。
私は「ごめんなさい〜」と謝りながら先へ進んだが、友人は激怒していた。彼女曰く、「いきなり腕を掴むなんてあり得ない!暴力行為!」だそうである。確かに彼女の言うことも一理ある。普通の人ならそう考えるのであろう。
 
しかし私は違った。なんと言っても筋金入りのブスなのである。もはやプロと呼ばれても良い気がする。
正直、ちょっと嬉しかったのだ。「ニンゲンに触れられた!」というもはや宇宙人のような目線で喜びに浸った。モテたような勘違いさえ起こしていた。悲しいかな、これがブスの思考回路である。
 
かなりテンションが上がっていたため、そこで私はプリクラを撮ろうと提案する。友人は快諾してくれた。
ゲームセンターは割と空いており、すぐにプリクラを撮影し始める。シャッターが押される瞬間に、息を止め、目を見開く。雑誌で見た、「デカ目になる裏技」である。
私のプリクラの仕上がりはまさに宇宙人だった。目は異常なほど拡大され、口はなぜかすぼんでいる。輪郭も修正され、すごく細くなっていた。肌は白を通り越してもう消えそうなほど明るい。可愛く写るという点で失敗し、見るもの皆に恐怖を与えるという点で成功していた。私は外見内面ともに宇宙人なのだ、と変な確信を抱いた。
友人はというと、肌が白すぎるのは共通しているものの、とても可愛く写っていた。本人も満足したのか、ご機嫌だった。
可愛い友人と、ブサイク宇宙人の私。
 
通常、ブスがプリクラを好むのは、実際よりも綺麗に写ることが出来るからだと思うだろう。しかし私は、「友人に満足感を与えられるから」、プリクラが好きなのだ。プリクラ、というだけでも可愛く写ることが出来る。それにプラスして、私が一緒に引き立て役として写ることで、友人の満足感は一層増す。今回も成功である。友人が嬉しそうな姿を見て、私もニヤリと気味の悪い笑みを浮かべた。
 
これが普通のブスと、プロのブスの違いだ。ぜひ覚えておいてほしいものである。