anne135のブログ

モテない女子大生の日常。でしたが、今はもうアラサーです。モテないアラサーの独り言。

優しさとは何なのか

「ここ、やばい人いるから気をつけてね!」

大学生の時にちょっとだけしてた事務のアルバイトで、一番最初に先輩から言われたのがこれでした。

 

それ言われた時点で、「あ、終わったな」と思って新しいバイトへのわくわくが消えたんですけども。めっちゃ幸先悪い。

 

聞いてみると、なにやら、すごい新人いじめで有名なおばちゃん(パート社員)がいる、と。

なんやかんや理由をつけて、新人バイトをいびりまくっているらしい。理由が「髪の色が明るい」とか「声が小さい」とかならまだいい方で、「私(おばちゃん)のことを嫌っている気がする」とか「家庭環境が悪そうだ」とかもはや勝手な想像で新人をいじめまくっていた。

理由をつけつつも、自分より若い女が気に入らないだけ、というのが本音らしいけど。

そんな伝説のおばちゃんがいるところに配属になるなんて、さすが私。運を持ってない女。

 

おばちゃんの若い女いびり、と言うと可愛い女の子に対してのいびりなのかと思うけれど、先輩バイト曰く、そうでもないらしい。一般的にブスと言われるタイプの若い女性のことも、ちゃんといじめるらしい。ちゃんと、って変な表現だけども。おばちゃん、変なところが平等。

 

ドキドキしながら席に着くと、もう見るからに怖いおばちゃんが近づいてきた。桃太郎に出てくる赤鬼の性別を女にしてみました、みたいな風貌の50代女性。

私の頭の中ではダースベーダー登場の音楽が鳴る。全然誰とも戦ってないのにラスボス来ちゃったよ。

 

「あら〜、新人さんね。よろしくね。」

ラスボスの第一声は優しかった。

「お前を蝋人形にしてやろうか」くらいの言葉が来るかと思ってたので、ちょっと拍子抜け。

なんだ、赤鬼、優しいじゃん?

なんて思ってから1分も経たないうちに、近くにいる女子が怒られてた。「あなた仕事が遅いよ?なんで遅いかわかる?分かんないよね。わかる頭が有ればそもそも速く仕事するもんね。」

いびり方が陰湿。カビが生えるくらいジメジメ。

その後も退社時間になるまで赤鬼は色んな女子をいびりまくりでした。でも結局私はいびられず。何故か笑顔まで向けられました。

 

あの赤鬼を手懐けてるぞ、って周りの先輩たちはザワザワ。帰るときに勇者のように称えられた。

 

後日先輩に「いやぁ〜、意外とおばちゃん余裕でしたw」と意気揚々伝えたら、「あのおばちゃん、Anneさんのこと若い割に顔もブサイクで可哀想って言ってたけど、気にないほうがいいよ!」って返ってきました。おーまいがー。

先輩の優しさという名のパンチが私のみぞおちにクリーンヒットしました。

 

世の中知らない方が幸せなこと、多いよね⭐︎

優しいキスをして

今更ながら、ドラマ「おっさんずラブ」を観ました。Amazonプライムで無料だったもので。

なんですか、あれ。超絶面白くないですか?

 

おっさんずラブ」が流行してた時にはね、全然気になってなかったんですよ。

なんなら「おっさん'sラブ」じゃなくて「おっさんズラ部」っていうズラを被ったおっさんが集まる話だと思ってて。おっさんがなんか部活でもすんのか、って。ズラでも作んのか、って。

若い子たちの熱狂ぶりを本気で不思議に思ってたわけです。

 

でも、まあ、そんなわけなかったよね。

いわゆるボーイズラブ(BL)的なお話だったんですけど、出てくるのイケメンばっかり。全然見てられる。ブスな女性よりも綺麗な男性の方が全然見栄えするからね。悲しい現実ですけど。

男性に対して、イケメンが切ない顔して「僕じゃ…ダメですか…?」とかいうわけ。そりゃあもう、「ダメじゃないよおおおおおおおおおおお:;(∩´﹏`∩);:!!!!」って画面に向かって叫んじゃうよね。お前関係ねーだろ、って話ですけども。

イケメン同士がハグしたりキスしたりしてるのを見て、密かに悶々しちゃったりして。自分が最後にキスしたのいつだろう、って考えて、いやキスしたことねーわって我にかえったりして。考えるだけ時間の無駄でした。

 

こないだ友達から、最近は小学生とかでも普通にキスする、って聞いた時には、「ヘー、ソウナンダー。マセテルネ。」ってカタコトの日本語で返す程度には動揺しちゃいました。

三十年近く生きてるのに、未だファーストキスなし。当たり前だけどファーストキスが来ないから、セカンドキスもサードキスも来ない。ファーストキス、いつ来てもいいんだよ?両手広げて待ってるよ?セカンドもサードも、遠慮しないで早く来てくれていいんだよ?

 

余裕で小学生に下克上されてる現実に慄きながら、今日も頑張って生きようと思います。

気持ちが大事

3月14日、バレンタインに何もあげてない男性から、ホワイトデーのお菓子を貰いました。

そんなことあるーーーーッッ?!!!!

いや、そりゃね、美人だとか可愛いだとか、モテる女性だったら分かりますよ?!!!

でもさ、でもさ、ブスにそれするーーーーッッ??!!

もうびっくりしすぎて、「え?!あ?!お?!」ってなりましたよ?!ろくにお礼も言えず、奇声を発しながら、お菓子奪い取っちゃいましたよ??ごめんね??怖かったよね??ごめんね??

 

だってブスにそんな優しいことするメリットが思いつかなくないですか?!!!なんで?!!!ねえ、なんで?!!!

お菓子をくれた男性に100万回有難うを言いたいし、その男性がチョコボール買ったら金のエンゼル当たってほしいし、道で助けたお年寄りがたまたま石油王で、助けたお礼に金塊貰うとかしてほしい。幸せになってほしい。

 

でもその一方で、ブスは簡単に好きになっちゃうので、そういう優しいことをさらっとしないでほしいって気持ちもなくはない。いや、やっぱり優しくはしてほしいか、うん。

 

そんな情緒不安定な感じになりながら、貰ったお菓子を素手で貪っています。

ちなみにもらったお菓子は、「お煎餅」です。友達に言ったら、「ホワイトデーに煎餅は無いわwwwでもAnneには似合ってるわwww」って爆笑されました。

いいじゃんね、お煎餅だって。缶に入った高級そうなやつだよ?よく分からんけど。

 

こんなブスにホワイトデーを味わせてくれた彼に幸せが訪れますように。

そしてもっと欲を言うのなら、来世はホワイトデーにチョコやマシュマロのような可愛いお菓子がもらえる女子になれますように。

よーい、どん!

こないだ、夜道で思わぬものを拾ったので、そのお話を。

 

昔からの知り合いと終電まで飲んで、気分良く駅からおうちまでスキップしてたんですよ。

もう超上機嫌でなんなら鼻歌とか歌っちゃって。アラサーなのに鼻歌がアンパンマンマーチなのが悲しいけど。

そうだ、恐れないで、みーんなのたっめっに、愛と勇気だけが友達さ〜♪って歌いながらスキップしてました。鼻歌、というか熱唱。

 

そしたら突然、花壇の中にいる人と目が合った訳です。まずね、「花壇の中にいる人」って表現がおかしいのは分かってるんだけど、ほんとに花壇の中にいたからそう言うしかないんだよね。おじさんと言うには老けてるけど、おじいさんと言うには若い、男の人。

花に紛れておじさんが座り込んでて。

咄嗟に目を逸らそうとしたんだけど、何故か私の目はおじさんに釘付け。

おじさんもおじさんで「お姉ちゃんどこ行くの〜?」って私に声をかけて来た。私のことをちゃんと女として認識し、さらに「お姉ちゃん」と呼んできたので、悪い気はしないです。合格。

 

「大丈夫ですか?起きられます?」

花壇の中のおじさんに話しかけてみると、「大丈夫。バッチグーよ。でも起こすの手伝って」って言ってきたので、おじさんを抱えて起こしてあげた。

まじで私ちょーいい人では??なんて思った。

でもせっかく起こしたのに、おじさんは私の手を離してくれなくて、なんなら抱きついてきて、あれ、これちょっと様子がおかしいぞ、って。これ完全に痴漢的なやつだぞ、って。

 

抱きつかれたままじゃ困るからとりあえず強めに押し返したんだけど全然離れてくれない。まじでスッポン並の力で食いついて離れない。

もうどうしようかパニクって、とっさに出た言葉が「あの、私、男なんですけど!!!」でした。

 

意味わかんない嘘をついた私におじさんが返してきた言葉は、「…男でも…いい!!!」でした。

どっひゃー。あからさまな嘘を信じた上で性別の壁を越えてきた。

結局10分以上はハグされたまま話してもらえず、隙をついて逃げました。

小学生ぶりの全力疾走。

 

背後からはおじさんの「覚えてやがれーーー!!!!」という怒号。怒られる筋合い無いわ!そして忘れたくても忘れねーわ!

 

神様、こんなサプライズいらないから、

私に彼氏か100万円ください!!!!!!

今はティッシュも貴重だから。

最近、あまり普段会わない知り合いから「久しぶりに会おう」と誘われることが多い。

アラサーのあるあるだよね、多分。

こーゆーときってさ、大体結婚報告なんですよ。うん。大体っていうか、9割9分9厘が結婚報告と言っていいと思う。  

 

おめでたいよ。ほんとにおめでたい。

昔からの知り合いが結婚なんてさ、もうおめでたいに決まってるじゃん?

でも結婚どころかデートすらしてもらえない系女子の私からすると、正直妬ましくもあるわけで。

妬ましいって言うと言葉が悪いな。羨ましい、かな。羨ましすぎてタケコプター無しで空飛べそう。

 

つい先日も、3年くらい会ってない友達から突然LINEが来たわけで。

もうすぐに分かりましたよ。名探偵コナン並みの推理、というか単なる動物の学習能力、というのかは知らないですけど、「結婚報告だ…!!!」って私の直感が告げてきました。

それで会ってみたら、案の定。左手の薬指にキラキラ光る指輪がありました。

 

まぶしーよーーー!眩しすぎて見えないよー!!!わー!!!

なんて思いながらも、友達の口から「結婚することになって…」って実際に言われた時には、「え?!え??そうなの?!おめでとう!!!えー!びっくり!!」って売れないお笑い芸人がドッキリされた時くらいのリアクションはしておいた。

あ、もちろんご飯も結婚祝いで奢らせて頂きました。お金ないしブスなのにこういうときカッコつけちゃう。あ、ブスは関係なかったわ。

 

羨ましさと惨めさとその他たくさんの感情を抱きながら帰路につきました。えもい、ってこういう感情なのかなって思った。多分違う。

あと念のため報告しておくと、帰りに改札を出たらキャバクラの勧誘のお兄さんとガールズバーティッシュ配りのお兄さんがいたんだけど、華麗に二人ともにスルーされました。

私の前を歩く50代と思われる女性も、私の横を歩く10代の女の子もティッシュ貰ってたんだけどね。おかしいね。世界の七不思議の一つにしよ。

 

指輪はおろかティッシュすら貰えない私ですが、これからもよろしくお願いします!!!

河童か彼氏かUFOか

この間、友人5人と一緒に婚活パーティに行きました。

まあまあ久しぶりの婚活パーティにワクワクしすぎて、前日寝られなかったよね。完全に遠足前の小学生。

男8対女8の婚活パーティだったので、6人で行った私たちが女性側の過半数、というか4分の3を占めてるっていうなかなかレアな回でした。

(あ、もちろん会場内では友達と話さず、他人のフリをしましたよ?じゃないと他の2人の女性気まずいじゃん?)

 

そのパーティはいわゆる「回転寿司」とか呼ばれる、1人ずつと話していくスタイルでした。

1対1で数分話して、そのあと男性が一つずつ席を時計回りにずれていく、みたいな。なかなかシュール。

私はコミュ障ながらもわりと頑張って話しました。でも空回りしてるのは自分でも結構感じてた。

途中1人の男性から、「好きな言葉は?」って聞かれたんだけど、ぜんっぜん思いつかなくて。

咄嗟に私の口から出たのが「気合」でした。いや、全然可愛くない。女子の口から出て欲しくない言葉No.20くらいにはランクインしてそう。ていうかこれ大喜利じゃなくて婚活だったわ。

相手の男性は一瞬固まったあと、「気合…将来パワハラとかしそうっすね!」ってコメントしてきて、キンキンに冷えた空気が流れました。

そもそも「好きな言葉は?」なんてあんまり聞かない質問をしてきた彼が悪いということにしておきましょう。まぁ私の答えが絶対悪いんですけど。

 

他にも異常にナシゴレンが好きな男性とか、なんか闇の取引してんの?って聞きたくなるくらい年収の高い男性とか、計8人とお話ししました。

詳しくは書かないけど、全体的に私の空振りは続いたことだけは伝えておきます。途中空振りすぎて、あれ、今私素振りしてるんだっけ?って思いました。ボール打てなさすぎてそもそも素振りなのかと思った。

全員と話終わったら、気になる異性の名前と番号を紙に書いて婚活のスタッフさんに渡し、集計してもらいます。

 

集計が終わったら、大フィナーレ。結果発表です。もうもったいぶらずに言いますね。

8人中、6人がカップル成立しました!!

こんなことある???

私たち6人について言えば、私以外の5人が全員カップル成立してました!!

こんなことある???

嘘だと思いたいんですけど、事実なんですよね!!!

 

婚活パーティ後。5人の友人がそれぞれの相手とラインの交換をしてました。

私は帰ろうとしたんだけど、友達からとりあえず待ってて、と言われたので数メートル先で待機。

待ってたら友人の1人が私のところに来て、「ごめん、これから相手の人とお茶することになっちゃった!」って言ってきたので、「あ、大丈夫。私この後仕事あるし!楽しんでね!」って言ってその場を去りました。

ちゃんと笑顔をつくれていた自信はないけれど、せめてもの強がり、許してくだせえ。

 

あー、彼氏って都市伝説すぎる!!!!

 

ふられて、ふられて、またふられて

今日はですね!

 
ただの反省ブログです!!!
 
日々失敗の多い私ですが、割とポジティヴに捉えてきたわけですよ。でも今日はただただごめんなさい、って感じ。
 
夜7時くらいに、繁華街を歩いていた私。目的は特にない。これだけ聞くとヤバイやつだが、本当に目的は無かった。用事が早く終わったが帰るのも面倒なので、その辺をぶらぶらとしていたのである。すると、偶然にも大学の後輩を発見した。その後輩とはもう1年ほど会っていなかった。しかもその理由は、
 
私がその後輩に振られたから。
私がその後輩に振られたから。
私がその後輩に振られたから。
 
大事なことなので三回言わせて頂いた。
もうね、ほんとカッコいいわけですよ。一般的なカッコ良さからは少しずれているかもしれないけれど、もうね、ドンピシャ。私の中のキムタク。
 
私は頭の中がお花畑なので、彼に出会って数週間で告白をしたわけだ。
彼は戸惑っていた、というよりか怯えていた。会って間もないブスからラブラブビームをお見舞いされた後輩。客観的に見ても「かわいそう」である。
でも私の脳内の妖精たちが、「いけいけ!」とか「Anneなら大丈夫!」とか「成功するよ!」とか「当たって砕けろ!くだけ散れ!」とか言ってた。
 
だから私は告白したわけだが、見事に玉砕。木っ端微塵に砕け散る。
それ以来、その後輩とは会っていなかったというわけだ。
 
しかし今日、たまたまその後輩を街で見つけてしまう。話しかけようと思ったが、人見知りとコミュ障の二重苦に苦しむ私にはそれが出来ない!でも話しかけたい!
 
そんなことを考えるうちに、私の手は無意識に、むんずと彼の腕を掴んでいた。私が彼を掴んだのではない。私の手が勝手にやったことなのだ。許してほしい。
 
急に横断歩道で腕を掴まれた彼はどうしたか?
なんと彼は私の方を見て、「あ!Anneさんじゃないですか〜!」と笑顔を見せた。
 
ワタシ、フタタビ、コイニオチタ。
フォーリンラブ。
 
こんな状況でも笑顔で対応する後輩を見て、秒で射抜かれた。
 
カミサマ、アリガトウ。
 
彼と少しだけ話をしてから、帰路につく。数少ない友人に、すぐにそのことをメール。うでをむんずと掴んだ件は省略して伝えた。
 
そしてTwitterを開く。彼のTwitterアカウントはフォローしていないが知っている。彼が私と会ってすぐにツイートしていた。
 
「セクハラされた、なう。笑」
 
世界最速レベルの再失恋。辛い。でも私が120%と悪いから反省はしよう。
ただし、日記には、「今日は無料でイケメンの腕が掴めた!ラッキー!」とでも書いておこうと思う。
それぐらいは許してもらいたいものである。